Myusic Photo

深柚羽(みゅう)☆@主婦の日常多趣味Blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヘーベルバスツアー

ってことでいってきた

ヘーベルハウスバスツアー

内容は耐火実験 建築途中見学 築35年のヘーベルハウス訪問

この3つでした

うんで、まず現場ついて

耐火実験の準備

ヘーベル版というヘーベル特有の建材とネオマファームというこれも

旭化成独自の断熱材とがタイルと通常によく使う綿系の断熱材の組み合わせ

あともうひとつがなんだったかわすれた

火をつけて建築途中の見学

1Fも2Fも床にヘーベル版でつくってます

断熱材もネオマファームをいれてます

もちろん壁も同じくヘーベル版は60年もつので

ヘーベルはロングライフ住宅なのです

サッシなんだけどサッシ枠をもうけてます

ヘーベルのはサッシ枠を内側にもってるので地震がおきても

サッシが、がたつかないそうです

そして、2Fのプロジェクターで説明

ヘーベル版については色々なところで使われてるそうです

高層住宅とかランドマークタワーとか都庁とかあと国宝を保存してるとことか


あと金具が耐震の時に力を逃す鉄骨です

動画などはヘーベルのサイトにあるよ


壁の間の隙間の部分は普通ならシリコンゴムとかなんだけど

またこれもヘーベル独自のゴムをつかってて

そうそう力をいれても元にもどろうとする力が強い

シリコンゴムとその素材を渡されて伸ばしたけど

シリコンゴムは切れたけどその素材は切れなかった

そして、色々みてまわって内部見学は終了

耐火実験の結果は

ヘーベル版は熱をとおさないので裏のネオマファームがもえません

ほかの二つは熱を通すので断熱材がこげで有毒ガスがでちゃうのです

ネオマファームは燃やしてもすぐ炭化してガスださないそうです

においしなかったよ

そして、耐火実験のあとに築35年の家のお宅訪問に

ほとんどかわらず35年前のまんま

あと足音とか通さないのとキシミとかもなかったです

バスツアー終えてご飯食べて14時から打ち合わせ

お義父さんとお義母さんだけじゃなく

お祖父ちゃんとお祖母ちゃんも来て間取り説明を聞きにきました

結局オール電化じゃなくプロパン+IHヒーター+温水床暖房になりました

あと空調設備はすべてヘーベルでつけるそうです

間取りは1Fがお祖父ちゃん達の部屋が8.3畳

キッチン3.5畳 LDが17.2畳

お義父さんたちの部屋が7.9畳となり

2Fのうちらのスペース

10.1畳の部屋に1.1畳と0.9畳のウェークインクローゼット

WCと洗面

別の洋室(居間として使う部屋)5畳

客間5.9畳+ウェークインクローゼット2.2畳

とかになりました

2Fは今のアパートからできるだけ照明とカーテンはもっていう予定

スポンサーサイト

| ヘーベル | 12:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/04/06 04:59 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myuneko.blog112.fc2.com/tb.php/340-6bf56814

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT